Entries

プライベートスタジオ

170904.jpg

TAMA 14"×5.5"Steel Snare
K.Zildjian 20"Custom Dry
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。裸セットにもなっていない内容ですが、諸々の状況でこれ以上無理という事で。でも、得てして、こういう状況の時に面白い事になったり、発見があったりする物なのですよね。Custom Dry はこれが出た最初期の物だと思います。最近、音量を抑えたい時の定番Ride になっています。エレクトリックのシチュエーションだと物足りない感じですが、アコースティックのLiveにはちょうど良い感じです。そう言えば、昔はKick無しのセットを良くやっていたなぁ…。

 さて、痛い目の件。痛い目に遭う事は度々ありますが、僕の個人的な事は笑い話で済みます。しかしながら昨今の日本周辺の情勢は、前時代のツケの集大成みたいな物だと僕は考えております。戦後、痛い目をちょっとづつ見とけば良かったのに、今や第三次世界対戦前夜みたいな状況になっています。平和を唱えるだけでそうなるほど、性善説がまかり通る世界情勢ではない事は歴史が証明しているでしょう。世界は実力行使がスタンダードである事は事実。痛い目を見て次の世代に多少マシな世の中を残そうとするか、それを次の世代に押し付けて逃げ果せるのか、果たして今の日本人はどういう行動に出るでしょうかね?もっとも痛い目を見たからといって万事解決する保証は何も有りませんが。少なくとも、今の状況を作った事に責任のある世代の言う事はアテにならないと考えてはいます。

バー

170902.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 18"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 13"×11"Floor-Tom
TAMA 10"×4"Steel Mini Tymps
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Custom
K.Zildjian 18"Dark Crash
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 13"Hi-Hat Top+Z.Zildjian 13"Dyno Beat Hi-Hat Bottom
LP Cow-bell

 自分のドラムセットです。先日とほぼ同じ、青スイカ君のコンパクトバージョン。今日、このKickのフロントヘッドのホールに小さな亀裂を発見。マイクを突っ込まれた時にケーブルを引っ掛けられたり、毛布を無理矢理出し入れしたりと、原因は様々あるので致し方ない所。取り敢えず、まだ大事には至っていませんが、近々に対処しないといけないかも。ただ、こういう時の音は非常に良いと言うのは若干、マーフィーの法則的なものを感じます。飛ぶ寸前のギターアンプとか、切れる間際のエフェクターの電池とか、メチャクチャ良い音らしいですよね?

 さて、模様替えの件。部屋の模様替えをしたくなって来ているのですが、なにせ物が多くて中々手が付けられません。ここ数年で若干使うアイテムが変わってきているという事もあり、手元の道具やら資料の類いの置き場所を変えたいのですが…。ちなみに、やたらと短いイーサネットケーブルとか、使えないUSBケーブルも処分したモノか、どうか迷う所。マーフィーの法則ぴったりの捨てた途端に必要になるという現象がこれまで多々あったので…。

バー

170830.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 18"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 13"×11"Floor-Tom
TAMA 10"×4"Steel Mini Tymps
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul 19"Orchestra
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 13"Hi-Hat Top+Z.Zildjian 13"Dyno Beat Hi-Hat Bottom
LP Cow-bell

 自分のドラムセットです。青スイカ君のコンパクトバージョン。Single Head Tomを使ったコンパクトバージョン。これ小さい所だと侮れない良い音がします。凄くチープな作りではあるのですが、インパクトのあるシングルヘッドらしい音が出ます。10"のTimbales もどきという事ですが、まぁまぁの低音も出るので、今日ぐらいの部屋だとちょうど良いTomになります。Kickも安定したコンパクトでファンキーな音を出してくれています。19"Orchestra はCrash Ride としてホントに優秀。

 さて、譜面の件。Finaleという譜面浄書ソフトを使って15年程経ちます。結構ヘビーユーザーだと思っていますし、書くスピードも自分が手書きするよりは速く仕上げられます。いわゆる写譜仕事もした事がありますね。僕の近辺では僕より使いこなしている人を見付けるのは難しいかな?ただこのソフト、結構なスパゲッティー具合で、2バイト文字に関する根本的な不具合は未だ治っておらず、輸入代理店にクレームを付けた時も、コードの根本的な書き直しになるので対応が難しい、との返答でした。バグの癖も解って回避しているので、今は快適に使っていますが、未だ、余り使わないツールがあったりするという、奥が深いものです。今現在の自分のユニットはこのFinale無くしては考えられないので、ある意味感謝をしております。アレを手書きする事を考えると絶望しかない…。

ライブハウス

170828.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 20"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 14"×14"Floor-Tom
TAMA Starclassic PerformerB/B 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。青スイカ君標準セット。先日までノーミュートで使っていた20"のKickですが、再びミュートをしてみました。ミュートをした方が扱い易いのですが、音抜け、バランスはノーミュートの方が良いかな?特に生音のシチュエーションはやっぱりノーミュートの方が良さそうです。そこが気になったぐらいで後はまぁ、安定的な良い音が出ている青スイカ君です。Istanbul のRide も良い感じ。

 さて、机の中のボールペンの件。消費作業が順調に進み、非実用的な色のモノはほぼ使い切って、一段落。あと少しでほぼ処分が完了します。副産物的な現象で、漢字が大分書けるようになりましたね。今は漢検準一級程度の勉強を着々としています。一日2時間弱の時間を音楽を聴きながら作業をしている事に気が付き、ちょっと焦っています。その時間、ちゃんと練習しろよ、って。ただ、まぁ、普段聴かなそうな音楽をその間ずーっとチェックしているので、まぁ、良いかと。漢字、音楽が微妙にリンクされた記憶になりそう。

練習スタジオ

170823.jpg

Pearl Masters Custom 22"×18"Kick
Pearl Masters Custom 16"×16"Floor-Tom
Pearl Masters Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul 19"Orchestra
Sabian AA 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 13"Hi-Hat Top+Z.Zildjian 13"Dyno Beat Hi-Hat Bottom

 練習スタジオのドラムセットです。毎度。本番当日の狭さを考慮して、ちょっとだけ小さいシンバルを選択。久し振りのK/Zハットは14"のHi-Hat はちょっと違う感触。トップがちょっとだけヒビが入っているので、若干そういう濁りも面白いのですが、昔より微妙にルーズになっているかな?フットの扱いが楽なので、嫌いじゃないのですが、やはりなんとなく派手派手な感じになってしまうのはそういう時代に開発されたモノならではということでしょうかね。

 さて、サイコパスの件。先日読んだ本はサイコパスに関するもの。取り立てて目新しい情報というわけではありませんでしたが、色々と興味深い事も有りました。政治家、金融業関係者、外科医、ジャーナリスト等にサイコパスが多いという事があるらしいですが、マザーテレサがサイコパスらしいというのは面白い。マスコミに情報を操作されているので、中々裏の話は聴こえてきませんでしたが、どうやら、昨今の情報化で化けの皮が剥がれそうですな。ちなみに、勇気ある合理主義者という意味で一定量のサイコパスは必要かもしれないという事ですが、合理主義という点では自分も思い当たる節がありますね。ただ、一応、サイコパス判定テストは白ですが。

ライブハウス

170819.jpg

TAMA SuperStar EFX 22"×18"Kick
TAMA SuperStar Hiper-Drive 16"×14"Floor-Tom
TAMA SuperStar Hiper-Drive 13"×7.5"Tom
TAMA SuperStar Hiper-Drive 12"×7"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
Paiste 2002 20"Ride
A.Zildjian 20"Medium Crash Brilliant
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。ハードコア用と化しているSuperStar のセットです。自分としては相当大きめ口径ですね。ここ数年、馬鹿叩きする現場でしか使って来なかった所為なのか、結構余裕のある大きな音がします。この現場で個々まで余裕がある音に感じたのは無かったかも。やっぱり、口径の大きさは音量というファクターにとって重要である事を再確認。ちなみにこの間ラグの折れた20"と同じシリーズで口径が違うだけのこの子のラグは10年経っても綺麗なままで大丈夫でした。20"Medium Crash はこのぐらいブッ叩くと良い感じのロックな音だなぁ。

 さて、来る8月28日(月曜日)MUMUのLiveが入谷なってるハウスであります。ワンマンのライブになる今回のフロントはキーボードの矢吹卓氏です。絶大なる対応力と腕力をもって、MUMUの楽曲を仕上げてきてくれています。矢吹君が手伝ってくれるようになって、6回目のLiveですが、ますますバンドっぽくなっていると思います。面白い事になると思いますので、是非是非御越し下さい。

練習スタジオ

170818.jpg

YAMAHA Recording Custom 22"×16"Kick
YAMAHA Recording Custom 16"×16"Floor-Tom
YAMAHA Recording Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。毎度。先日と全く同じ状態のRecording Custom 。ミュートをしまくるというアプローチをしているこの部屋ですが、再発見が色々。なるほど、ちょっとEvans のHydraulicを試してみたい気分になりましたね。そのような状態だと、最近のトレンドとは逆の小口径のシンバルをチョイスする理由も良く判ります。16"のCrash で充分埋まる音場レンジでプレイするのも中々。

 さて、ドラム日記の件。たまに思い出したように、昔のデータを引っ繰り返すような事をやりますが、このドラム日記が始まったのが2000年5月9日。今から17年前になります。当時は知り合いにcgiのプログラムを書いてもらってウェブにアップロードしていましたね。このサーバーのデータはもうウェブ上には在りません。2009年10月に今のFC2のブログサービスに乗り換えて、今に至りますので、分量的には全体の半分近くはウェブ上に在る事になりますでしょうか。初期の写真を見るとまぁ、色々な記憶が蘇りますね。こういうのが定点観測の醍醐味といったところでしょうか。ただ、当時のデジタルカメラの性能とストレージ容量の問題で、写真が小さい事、小さい事…。今となっては、細かい所が全然見えませんなぁ…。これも時代を感じます。

練習スタジオ

170815.jpg

YAMAHA Recording Custom 22"×16"Kick
YAMAHA Recording Custom 16"×16"Floor-Tom
YAMAHA Recording Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。毎度。ミュートしまくりのRecording Custom にも随分慣れてました。こういう音色になるとプレイ自体の方向性もちょっと変わってきますね。なんとなく、70年代のデッドなチューニングの方向性が解ったような気がしました。この部屋でこういうアプローチをし出してから、タオルでミュートをしたSnareの良さも再発見。レンジを下げたところでのプレイはやはりミュートをした方がしっくり来るようになりましたね。

 さて、MIDIキーボードの件。いつの頃からか、打ち込み作業をやっていて、たまに在らぬピッチベンドデータが入るようになって、後から修正する事が起こるようになりました。ついに先日辺りから、普通に弾いている時もあからさまに微妙なピッチになるようになってしまい、打ち込みのデータにも無視出来ない量のピッチベンドデータが入るようになってしまいました。まぁ、安い打ち込み用にキーボードなので、買い替えを決定。7、8年は使ったのかしら?でも、ピッチベンドデータが出るだけで、他は正常動作するので、なんか捨てるには勿体無い、という貧乏性で、まだ家に置いてありますが、やっぱり何にも使えないようなぁ…。

野外ステージ

170806.jpg

TAMA SuperStar EFX 20"×18"Kick
TAMA SuperStar EFX 14"×14"Floor-Tom
TAMA SuperStar EFX 10"×8"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul 19"Orchestra
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。久々に登場のSuperStar EFX 。また、久々の事実上の野外。ステージ上は諸々の条件が過酷な状態。本当はStackを使いたかったのですが、スペースの都合で諦めて、シンバルは2枚で対処。Tomのヘッドはもう湿気でベトベトに。音は流石に青スイカ君の方が太いかな?でも、独特のクリーンさがあって、Liveにはもってこいの傾向かもしれません。良い音だな、と思っていたのですが、撤収時にKickのラグが折れている事が発覚!昨年に続いて二度目のこの子、大丈夫か???

 さて、温度の件。冷房の設定温度に悩む今日この頃です。適当な温度設定にしないとキツいのですが、夜になると自宅前のちょっとした樹々の所為もあり、案外気温が下がってくれるので助かるのですが、日によっては物凄い湿気になり、空調無しではベタベタになってしまうということもあり、外気よりちょっとだけ低い設定にして冷房を入れて除湿しています。ただの除湿にすると、なんか温度が逆に上がっていったりするので、設定が難しいです。こういうのを全部自動に設定出来ないのかなぁ?

ライブハウス

170804.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
A.Zildjian 20"Earth Ride
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。ジャズキット仕様のRockStar 。今日は色々な状況考えて、ハードコアな内容にもかかわらず、このセットを選択。Kickのピッチを若干落とし気味にして、アタックが少し出るようにしたものの、流石に本番ではまるで聴こえませんでしたね。対して、Tomの方はいつものハイピッチのままガンガンリムショットをかけたので、若干手は痺れたものの、疲労度に関しては通常のこのセッションの時よりマシな状態でフィニッシュ出来たようです。マイクに乗せたらまた状況は変わったと思いますが、ハイピッチのTomをリムショット、というやり方はある部分ありだなと思いました。

 さて、来る8月6日(日曜日)は逗子の海岸沿いのSurfersというお店でのNo End Summer 2017というイベントに芳野藤丸さんのバンドで参加します。手練で固めたサポート陣と共に藤丸さんの小気味良いAORを演奏します。とは言え、藤丸さん、結構オープンのインタープレイが非常にお好みでついつい、オーバープレイをしてしまいがちになってしまいます。ただ、今回はソロイストも強力なので、非常に聞き応えのあるバンドになっていると思います。一つ心配と言えば、台風が…。

Appendix