FC2ブログ

Latest Entries

ライブハウス

180810.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 20"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 14"×14"Floor-Tom
TAMA Starclassic PerformerB/B 10"×9"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。青スイカ君標準キットです。ブラシの出番が多かった(半分ぐらいブラシの曲!)のでSnareはコーテッドを張ってある14"を使用。リハーサルでは16ミリのスティックを使っていたのですが、途中で13ミリのMaple に変更。珍しくシズルも結構使いましたね。かなりアダルトな感じのプレイに徹しましたね。ブラシももう5、6年同じものを使っているのですが、そろそろ崩壊して来ていて、ちょっと心配。

 さて、来る8月23日(木曜日)MUMUのLiveが入谷なってるハウスであります。キーボードの本間太郎君がまだMUMUに復帰出来ていないので、しばらくはTromboneの中根さんと僕のデュオ状態で、PCを使っての演奏になる模様。ただ、融通が利かないという欠点は在りつつもPCは演奏自体はある意味パーフェクトなプレイをしてくれるので、面白い結果になっていると自負しております。8月の新曲はちょっと大変なので、期待して頂ければと思います。なってるハウスはワンマンのライブになりますので、たっぷり2ステージ分の曲を御披露します。是非是非御越し下さい。

練習スタジオ

180809.jpg

Sonor SQ-2 Series 22"×18"Kick
Sonor SQ-2 Series 16"×16"Floor-Tom
Sonor SQ-2 Series 10"×8"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。久し振りに来たこの部屋は以前あったPearl ではなく、Sonor の最新の最高級ドラムセットが置いてありました。シェルはMaple なのかしら?シェル厚は1センチ程のかなり厚目のもの。音量は下げたかったので、最近毎度になっている大量のミュートを。Kickのフロントにはシンバルケースを立てかけて、スタジオのシンバルを重しにしてあります。最近、リハーサルだと大体このような感じにしております。にしてもやっぱりSonor のシグネチャー直系の音像の焦点がくっきりしたような音色は流石に凄いですな。チューニングボルトの規格が違って使いにくいのは御愛嬌。

 さて、電話の件。1997年ぐらいに必要に迫られて買って以来、20年に渡って使い続けていたFAX付き電話が遂に壊れて、新しい電話機を導入しました。FAXはもうほぼ使わないので廃止。ただの電話機を購入したのですが、電気屋で物色した電話単体機のフォルムの変わり様にちょっとビックリ。昔からあるデスク電話みたいなものもあるのですが、いつの間にか主流はガラケーのような子機にルーターのような親機が在るのみというタイプや、何だか良く判らないオブジェのような形のモノ。かなりの浦島太郎状態で我ながらちょっとビックリの今日この頃。

ライブハウス

180801.jpg

TAMA SuperStar EFX 22"×18"Kick
TAMA SuperStar Hiper-Drive 16"×14"Floor-Tom
TAMA SuperStar Hiper-Drive 13"×7"Tom
TAMA 14"×6.5"Lars Ulrich Signature Model Steel Snare
A.Zildjian 20"Earth Ride
A.Zildjian 20"Medium Crash Brilliant
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。ハードコア用になっているSuperStar です。アタックもよく出る子なので、こういう現場にはもってこいなのですが、流石にMaple のタイコに比べると音の太さの部分が生音ではちょっと差が付くかな、という印象です。そういう事もあって、手に入れたのが今メインで使っているStarclassic PerformerB/B ですからね。ただ爆音のライブの現場ではアタックがスッキリと聴こえて来るので、この子の価値は在りますね。

 さて、生産性の件。僕には子供が居ません。まぁ、それどころではないと言った方が正直なところでしょう。日本という国家に於いて次世代を残せないという意味では、生産性を繋げなかった訳で、生産性が無いという烙印を押されても、事実として受け止めるでしょう。同じ意味で、LGBTに生産性が無い、というのも事実としてそうでしょう。ただ、残念な事に、今の日本はこの事実を指摘すると、批判を浴びるのですよね。恐らく政治家という職業は、国家市井の運営をする上で、災害時のトリアージのような非情な事もしなければならないのも事実でしょう。人権屋というクレーマーのような商売が成立している状況でそれをやるのはさぞ大変でしょうな。政治家たるもの弁論のプロとして、言葉尻の揚げ足取りをとられるようではマズいとも言えますが、事実を端的に言えなくなってしまう、今の言葉狩りに等しい状況は如何なものかと思います。傷つく人が居るので斯様な事を言うのはけしからん、と言う人権派の人はチベット・ウイグルを民族浄化する中国共産党の事を同じレベルで批判しない、という態度を見る限り、人権屋というのはよっぽど事実が嫌いらしいという推測は出来ますがね。事実を指摘されて怒るのは恥ずかしい行為だと思っている僕は何か間違っているでしょうかね?と思う今日この頃。

ライブハウス

180726.jpg

Pearl Classic Maple 20"×16"Kick
Pearl Classic Maple 14"×14"Floor-Tom
Pearl Classic Maple 12"×8"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
K.Zildjian 17"Dark Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 ライブハウスのドラムセットです。今日は諸々の事情で現場のドラムを使いました。一年前にも使ったPearl のMaple Shell 。何だかんだと色々な逆境だったのですが、ミュートを適当にして乗り切る事に。Hi-Hat スタンドが不調で、思うように使えなかったのが残念。ハウスドラムはこういう事があるから、嫌なのですよね。僕の中のトラブル率は、自分の楽器だとほぼ無いに等しいのですが、現場のドラムを使うとかなりの確率で何かが起こるんですよね。

 さて、協会の件。アマチュアボクシング協会を始め色々な事が露呈してきていますが、利権のある所には腐敗が付き物だという事でしょうね。終身会長って、どういう私物化だよ?アマチュアスポーツの国内統括機関で選挙も何もせずに終身でポストに居座るというのは、文科省が黙認しているのが信じられませんね。ある程度大きな機関の役員は選挙しなきゃ駄目でしょう?今の日本、この手の利権を私物化したような団体が一杯あるものと想像していますが、その辺の人達は公平さとか潔癖さとかいう教育は全くされていないですかね?テレビで見る限りではあるのですが、例の会長のクズっぷりは漫画のようなステロタイプですが、はてさて、マスコミがこれだけ取り上げるという事はその裏の利権がどういう事になっているのか、最終的に誰が得をするプランなのかが気になりますね。

ライブハウス

180725.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 20"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 14"×14"Floor-Tom
TAMA Starclassic PerformerB/B 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Heavy Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 16"Dark Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。青スイカ君標準キット。この部屋は非常に良い響きでドラムの音が落ち着いた音になりますね。今日は悲しい事がありつつも、この部屋鳴りの良さに救われた感があります。今更ながらにこの子の塗装は綺麗です。余り使っている人がいないフィニッシュなのもお気に入りのポイント。地味ながらラグやリム等の金属パーツもブラックニッケルフィニッシュで全体が殆ど黒なんですよね。四半世紀前に使っていたドラムセットは、メーカーもシェルも色もバラバラなモノで、「斑のドラマー」と呼ばれていました事が懐かしいです。

 さて、酷寒の件。酷暑で思い出す酷寒と言うキーワードで、自分の酷寒体験を思い出しました。僕が23、4歳の頃、初めてニューヨークへ行きました。とあるレコーディングの為に真冬のニューヨークへ行ったのですが、諸々の事情で単身で行く事に。事前に聞いていたスタジオに空港から直接行く為にタクシーに乗りましたが、何故か、ストリートとアヴェニューの番号を逆に勘違いしたドライバーに全く関係無い所で降ろされてしまい、スタジオを探して日も暮れた真冬のニューヨークの街を放浪する羽目になったのですが、当時の僕の格好はTシャツの上に襟付きのシャツを着てその上にオーバーを羽織っただけで、靴はペラッペラのカンフーシューズ。零下15度の冷え込み方は尋常ではなかったです。更にスタジオに着いたら、レコーディングがキャンセルされた事を知らされて、身も心も寒くなる結果に…。我ながら、散々な体験の笑い話は一杯あるなー、と思い返す今日この頃。

練習スタジオ

180723.jpg

Pearl Prestige Series 22"×16"Kick
Pearl Prestige Series 16"×16"Floor-Tom
Pearl Prestige Series 12"×8"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Heavy Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 16"Dark Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。この子は久し振りかしら?日本に工場があった時代のPearl の廉価版のMaple のタイコだと思います。割と使い易い子ですよね。ただ、やはり部屋のアンビエンスが凄いので、ミュートを一杯しています。若干歪んでいると思しきK.Zildjian のHi-Hat ですが、噛み合わせの良いポイントにハマると良い音なんですよね。音量をある程度絞った方がこのHi-Hat の良い所が出るような気がしています。一方、ヘッドの真ん中に亀裂がちょっと入っている12"Snareはそろそろ限界かな?

 さて、酷暑の件。今年は酷暑と言えど、四半世紀前の自分の過酷な環境を思い出すと、全然、今の方が楽ですねぇ。当時は自宅に空調無し、機材車もエアコン無しの暖房車。当時の夏の環八の渋滞にハマった日には、車の中で熱中症になる事必至。現場でよく倒れていたような気がします。今は幸い、自宅にも機材車にもエアコンが導入されて、野外で作業するとき以外はこの酷暑からは逃避出来ております。諸々の状況に感謝しつつ、地球がちょっと心配な今日この頃。

練習スタジオ

180717.jpg

YAMAHA Recording Custom 22"×16"Kick
YAMAHA Recording Custom 16"×16"Floor-Tom
YAMAHA Recording Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Heavy Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 16"Dark Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。毎度。のYAMAHA 。相変わらずミュートを一杯しております。EAKのHeavy Ride は16ミリのスティックと相性が良いです。最近、音量を絞る事が要求される現場が増えているので、普通に使うスティックをもうちょっと細くしようか迷いが生じています。16ミリはここ10年ぐらいメインで使っているのですが、流石に繊細な音楽だと…。とは言え、可能な限り、16ミリを使っています。ここは非効率の面白さを追求したいところ。

 さて、マイブームの件。マイブームはコロコロ変わるのですが、最近は普通のノートでのディクテート作業。色々と思い立って、諸々気になっていた曲を、セッション等で演奏出来るような書式に譜面を起こす作業を延々とやっております。特に重点的に作業をしているのがDonald Fagen氏の曲。時代共に和音が進化して行くのが非常に面白いです。最近の曲はホント一筋縄ではいかないですね。勉強になります。ちなみに、普通の罫線のノートに無理矢理おたまじゃくしを書き込む方法を編み出して書いています。細かくなってしまうのですが、メモとしては非常に情報を圧縮出来る形で書けるので、五線紙に書くより、コンパクトになります。これで自宅にストックしてある大量にあるノートを消費してしまおうという、建設的な断捨離のつもりの今日この頃。

練習スタジオ

180710.jpg

TAMA Starclassic Maple 22"×18"Kick
TAMA Starclassic Maple 16"×16"Floor-Tom
TAMA Starclassic Maple 12"×8"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
A.Zildjian 21"Rock Ride
A.Zildjian 17"Heavy Crash
A.Zildjian 16"Heavy Crash
A.Zildjian 14"Rock Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。スティックだけを持ってリハーサルに参加。この子は約一年振りの対面。ドラムの問題ではないのですが、何故か、ここの練習スタジオに来る時にはトラブルに見舞われるので悪い印象がどうしても付いて回ってしまいます。相変わらずボロボロのようですが。Hi-Hat スタンドの高さが全く調整出来ないという状態で、かなり閉口。色々な意味で、ボロボロになって行く日でしたかね。

 さて、日記の件。自宅のパソコン事情により、メインマシンでブログにアクセス出来なくなったので、更新が滞りがちになっていますが、ここでまた一気に更新すると全く日記の態を成していないという…。そもそも、この作業を始めた2000年から早18年、インターネット事情もかなり変わりまして、こういうモノの意味が変わって来てしまっていますが、まぁ、始めたからには続けてみようと思っています。今時はinstagramを使うべきなのでしょうかね?そう、昨年からTwitterでLive告知を始めました。上手なタイミングで発信出来なかったりするのですが、宣伝活動に使い始めました。なので、こちらからのフォローは一切していません。SNSの使い方としては、間違っている、或いは非礼である事は了解していますが、悪しからず御了承下さい。今時の事情には中々追いて行けなくなった事を自覚し始める今日この頃。

公民館

180704.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
K.Zildjian 20"Custom Dry
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。ジャズキット仕様のRockStar です。先日と全く同じセッティング。いわゆる古典的なスタンダードジャズをやるにあたって、ドライなRide とサスティーンが長目のRide のという組み合わせで、音量音色の対比の面も含めて、諸々必要充分という感じです。惜しむらくはTomが12"ではなく、10"である事。ピッチの取り回し等の問題で、ある意味ちょっと不利。これを手に入れた当初はそこまでの展望は無かったもので…。そう言えば、某アースキン氏は「男は黙って12"」みたいな事を言っていたらしい。

 さて、来る7月25日(水曜日)MUMUのLiveが関内StormyMondayであります。ワンマンになります。横浜でのMUMUのLiveは初になりますので、横浜方面の方は是非是非いらして下さい。関内StormyMondayでは料理好きの店主による、美味しいお料理と共に、小さいながらもリラックスした空間でLiveを楽しむ事が出来ます。暑い時期になっているかと思いますが、お値段以上のパフォーマンスを繰り広げるべく、鋭意準備をしておりますので、是非是非足を運んで頂きたいと思います。

公民館

180701.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
K.Zildjian 20"Custom Dry
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。ジャズキット仕様のRockStar です。今回は完全アコースティックのストレートアヘッドなジャズという指向でハイピッチにまた戻しました。Kickも若干ハイピッチですが、外側からのタオルミュートで若干タイトな音に。Maple13ミリのスティックで繊細なタッチを。調子の悪いHi-Hat の噛み合わせを良い所に納めつつのプレイ。Custom Dry はレガートしても音場がクリアーになるので、重宝します。

 さて、洞窟の件。どうしてそんなとこ、行くかな?と思ってしまうが、タイの洞窟遭難事件は状況想像するに背筋が寒くなる。救助にあたるダイバーの過酷さを考えると本当に恐ろしい。真っ暗な視界ゼロの水中で、装備を外さないと通れない穴を搔い潜って片道5時間、ってどういう拷問ゲームだ?宇宙空間で遭難したりするのと同等なゲームのような気がします。ダイバーの人数、遭難者の数から考えて、全員を無事に救出するのはミラクルのような気がするのですが、果たして…。

Appendix