FC2ブログ

Latest Entries

ライブハウス

200209.jpg

Pearl Vision Maple Series 20"×18"Kick
Pearl Vision Maple Series 14"×14"Floor-Tom
Pearl Vision Maple Series 10"×8"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Heavy Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 ライブハウスのドラムセットです。先月も叩いたミドルクラスのPearl 。先月はトラブル三昧でしたが、今回は諸々修繕されてトラブルにはなりませんでした。目出たし。口径はちょっと小さめなので、使い易くて好都合ですが、案外それでも音はデカくてちょっと難儀しました。ピンストライプのKickは中々味がありますね。他の音とミックスした時に真価が出ます。16"のCrash は色々使っているのですが、何となくこれが最近一番自分のボイスとしてしっくりくるSabian AA Medium Thin Crash 。まぁ、中々の安物系とは言うものの、好きなものは仕方が無い。

 さて、来る2月29日(土曜日)は新生MUMU3回目になる2ステージワンマンのLiveが入谷なってるハウスであります。森内麗香森川あづさの二人のキーボーディストは元々クラシック畑で育った人材で、生ピアノのある入谷なってるハウスでは、二人のピアニストとしての技量も観て貰うべく、ソロピアノのコーナーを設けようと思っています。彼女達を想定した新曲も増えて、ますます勢いづいてきている状態ですので、是非是非、その目で新しいMUMUのサウンドを聴いてみて下さい。結構、凄い事になっていますよ。

練習スタジオ

200206.jpg

SAKAE The Almighty 22"×18"Kick
SAKAE The Almighty 16"×16"Floor-Tom
SAKAE The Almighty 10"×7"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul 19"Orchestra
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。お初にお目にかかるSAKAE。Maple のタイコだと思いますが、Maple らしいのしっかりしたアタックとふくよかな低音のブレンドが素晴らしいシェル。このタッチの感触は好きだなぁ。Kickはいつもの自分の感覚で踏んでいるとかなりデカい音になってしまって…。Istanbul のOrchestra は古い合わせシンバル用のものですが、最高に汎用性の高いRide ですね。カップの音も綺麗だし、クラッシュした音も素晴らしい。オールドファッションなビッグバンド風のアタックも綺麗。ここまで美人だと、中々外に出したくなくなるのも人の情。様子の解らないセッションの時には必殺で出してくるパターンですね。

 さて、来る2月9日(土曜日)[これを書いている時点でもう明日ですが]はMUMUのLiveが新宿御苑サウンドであります。新生MUMUの二回目のLiveにして、MUMUにしては珍しいパターンの御呼ばれのイベントに出演します。イベントの主宰はnombres(有近真澄:Vocal、窪田晴男Guitar、小滝みつる:Keyboard、安部OHJIBass、矢壁アツノブ:Drums)というベテラン勢の揃った強豪ユニットです。我々も相手に不足無しという事で、3人でテンション高い演奏を御届けするつもりです。是非是非御越し下さい。詳しくはこちらを御覧下さい。

ライブハウス

200203.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
A.Zildjian 20"Earth Ride
A.Zildjian 20"Medium Crash Brilliant
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant

 自分のドラムセットです。爆音ハードコアにも関わらず、この小口径セット。失策と言えば失策なのは解っているのですが、大口径のものは移動の負担がレースの後半にかなり影響してくるので、小回りの効く小口径セットの方がトータル効果が高いという向きもありまして…。でも、次回はもうちょっと口径上げないと駄目かなぁ。その前に身体を鍛えた方が良いみたいですが。Earth Ride は相変わらず極端な音。僕の持っているRide では一番の殺戮系。

 さて、演奏の件。僕の音楽家としての考え方で、汎用性という事が常々コンセプトとしてあります。楽器の汎用性、演奏スタイルの汎用性など、考えていくと、やっぱり、「演奏する身体」作りという所に最終的に辿り着きます。発想力も勿論大事ですが、それの体現力としての身体の鍛え方は中々難しい課題が山積みです。アレクサンダーメソッドやら、そういう事研究しているメソッドは数あると思うのですが、個人的には邦楽の現場で鍛えられたメソッドを応用した自分のやり方を追及しています。しかし、最近、凄く単純な所でつまづいてしまっていて、人間の脳味噌の構造の不思議さを感じています。「1,2,3,4」という歌(カウント)を歌いながら適当なエクササイズは出来るのですが、歌っているものを「Tsu!」という発音に変えた途端、何も出来なくなる事が判明して、今現在、訓練中。人にエラそーに言っておきながら、自分が出来ないのはちょー恥ずかしー。

ライブハウス

200201.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Custom Dry
K.Zildjian 16"Dark Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat
Afro Cow-bell

 自分のドラムセットです。極狭な空間なので最低限のキット。しかし狭い故に色々意思の伝達が濃密に出来るので、こういうセットの時は色々面白い事が起きます。ストレートアヘッドな事をやる時にはもう手放せなくなったK.Zildjian Custom Dry 。今時の流行のシンバルのハシリみたいなモデルですが、極端にドライではないので、割と普通に使えます。これのボウをスティックのショルダーで叩く音がミックスの中では気持ち良いんですよね。ついつい手数が増えてしまいます。

 さて、万年筆の件。趣味の万年筆。と言っても実用本意なのでそんな本数は持っていませんし、日常の書く作業も事務所ではないので、せいぜい譜面と手紙を書く時に使うぐらい。でも、数年同じ色のインクを入れて使い続けていたら、大分調子が悪くなってきていて、ついに右上にとかに向かって筆を運ぶ時にインクが出なくなってしまって…。なので、久し振りに分解して大掃除をしたら、見違えるように書き易くなって…。うーん、ちゃんと御手入れしましょうね、という事で、目下の所、順番に大掃除中。

ライブハウス

200131.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Heavy Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 16"Dark Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。毎度のRockStar 。随分鳴るように成長したこの子ですが、それでも上司な木材のそれと比べると音量音抜けは、一声下回ります。しかし、色々な意味で重宝。Coatedヘッドも馴染んできて、良い感じになってきていますね。でも薄いヘッドなので、すぐにローピッチに出来なくなるのかなぁ…。でもなんか、安いシェルに薄いヘッドでローピッチ、って典型的なクラッピーと言われるようなサウンドだと思うのですが、妙な味があって面白いです。

 さて、コロナの件。結構身近な所に影響が出始めてきたパンデミックですが、まぁ、金に目がくらんだ連中の失策というか、共産党を持ち上げるのもいい加減にしろよ、と腹立たしいかぎり。ただでさえ集客無いっていうアンダーグラウンドなのに、これで更に公演自粛みたいな事態になったら…。インターネットの番組で、これが共産党の支配の限界だ、と憤っていたコメンテーターが居ましたが、擁護派のそれに対する回答が「発展途上国だから」ですって。もうね、中国人は海外に出る資格が無いと思いますよ。中華思想の果てに全世界に迷惑かけやがって…。で、私は親類のヨーロッパ旅行をウイルス拡散を止める為にも辞めさせましたよ。

バー

200129.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Sabian AA 18"El Sabor
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 13"Hi-Hat Top+Z.Zildjian 13"Dyno Beat Hi-Hat Bottom
Afro Cow-bell

 自分のドラムセットです。毎度のRockStar 。極狭の空間なので、このサイズでも充分デカ過ぎます。こうやって見るとKickが長いですねぇ。Tomもスクエアサイズに近いものですし、これを発注した当時はそういう時代でしたからねぇ…。ローピッチにしたワンプライコーテッドヘッドのTomは手元の音はちょっと硬くて好みではないのですが、ちょっと離れた所の録れ音は実にパンチのある音にまとまっているので、ある意味納得。

 さて、来る1月31日(金曜日)新生MUMUのLiveが関内StormyMondayであります。Pianoがフロントを務める体制になり、人が変わるので当然ではありますが、大分印象の違うバンドになります。Pianoを弾く森内麗香はその華奢な身体からは想像越えるパワーとスピードを繰り出す腕力系のピアニスト。Organを弾く森川あづさは東京音大ピアノ演奏科卒の現代音楽の専門家という事でこの情報量を短期間で処理する高い能力を持った演奏家です。二人とも僕から見ると娘みたいな年齢の可愛い子達です。ルックスと相反する腕力に御注目を。関内StormyMondayはお食事も出来るスペースです。都内の方も終電に充分間に合う時間に終演予定なので、是非是非御越し下さい。

練習スタジオ

200125.jpg

Sonor SQ-2 22"×18"Kick
Sonor SQ-2 16"×16"Floor-Tom
Sonor SQ-2 10"×8"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Heavy Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 16"Dark Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。超豪華Sonorの最高級シリーズのドラムセット。しかも、スタジオにあるのはハンドハンマー系のシンバルを含めてかなり多点セットでそういう意味でも、問答無用に豪華かつ高価。自分のドラムセットの方が音がショボく感じてしまうので、このスタジオの録れ音でいい気になるのは非常に危険。Kickは本当に強力だからなぁ…。ローの充実感とファットなアタック感はホントに高い太鼓ならでは。ここを標準で考えると他の全てが不愉快になってくるので、ホントに危険!

 さて、旭日旗の件。先日テレビを見ていたら、旭日旗に関しての討論をしていましたが、まぁ、ちょっとやらせっぽい、と思ってしまいましたね。そもそものこの問題の発端の2011年のサッカーのアジアカップ準決勝日韓戦の韓国選手の猿真似パフォーマンス事件の事が一切言及されていませんでしたからね。それ以前に全く旭日旗が問題になっていない事、それ以降に戦犯旗という言葉が出来た事を指摘しないと、旭日旗、徴用工、慰安婦と言ったモノが単に韓国の被害者偽装ビジネスであり、日本文化に対するレイプであるという事が隠されてしまいますよね。結局、旭日旗のネガティブなイメージを討論という形で植え付ける事で2011年を知らない若者を洗脳していくという、マスコミの手法が許せませんね。僕の2011年のアジアカップは注目して観ていたので、韓国選手の政治パフォーマンスに対するAFCの対応には憤りを感じていた事をしっかり覚えてますからね。嫌がる人が居るからオリンピックでは旭日旗は控えるようにと言う論調は断じて許せません。旭日旗が嫌なら日本に来るな、と言うべきでしょう。

練習スタジオ

200123.jpg

TAMA Starclassic Maple 22"×18"Kick
TAMA Starclassic Maple 16"×16"Floor-Tom
TAMA Starclassic Maple 12"×8"Tom
TAMA RockStar 14"×6.5"Steel Snare
A.Zildjian 20"Rock Ride
A.Zildjian 18"Heavy Crash
A.Zildjian 16"Heavy Crash
A.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。前にも使った事のあるStarclassic 。良い太鼓ですが、このプロジェクトにはちょっと手に余る大きさとシンバルの厚さ。でもHeavy Crash 、Ride としてはかなり面白いですね。16"のCrash のRide 感の方が僕は好みでしたかね。個体差の問題もありそうですが。最近全然使っていないですが、16"のRide は個人的に思い入れがあります。中学生の頃に初めて手に入れたZildjian のRide が16"でしたし。独特のハイピッチ感は、今時の流行の真逆ですが、たまにそういうサウンドでやってみたくなりますね。

 さて、Twitterの件。数年前からLiveの告知の為のTwitterをやっています。発信のみで交流拒否というSNSの使い方としてはほぼ間違っているやり方を貫いていますが、フォローして貰えると有難いです。そうなると気になるのがその効果。そもそもフォロワーの数もリツイートの数も小さ過ぎて統計的に見る事は難しいのですが、やはり、反応の数と集客の数の相関関係は在りそうだという事は見えてきましたが、必ずしも、そうでない現象も多々あります。Twitterで引っ掛かってきたお客さんも居るのでやはり効果はある、という判断ではありますが、中々難しい宣伝技術との格闘の日々。

練習スタジオ

200122.jpg

Pearl Masters Custom 22"×18"Kick
Pearl Masters Custom 16"×16"Floor-Tom
Pearl Masters Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Sabian AA 18"El Sabor
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。割と毎度のPearl。本番は小さな場所なので、Ride にEl Saborをチョイス。これ、割れていますが、面白く使えます。元々綺麗な音の汎用性のあるCrash Ride ですが、若干クセが付いた感じかな。最近の僕のレンジ感だと、割れてボリュームが落ちている事は余り気になりませんね。むしろ良い感じ。僕の持っている16"Crash の中で最もチープな音色のこのMedium Thin Crash Brilliant のキャラクターもこの音楽とは良い相性かな。

 さて、コロナの件。中国発のパンデミックは順調に進んでいるように見えますね。中華クオリティーを考えると武漢のウイルス研究所がヤラカした、という陰謀説も中々説得力が在るように思えますねぇ。WHOが中国に買収されて、対応が後手後手に廻ってしまったという話も、それ以外のシナリオが思い付きませんよね。まぁ、絵に書いたような腐った話の筋が現実なんだろうなぁ、と思って見ています。しかし、武漢から希望してチャーター機帰ってきておきながら検疫を拒否する、という態度はホントに日本人か?と疑いを持ってしまいますね。帰化日本人の中国人なのではないの?人の迷惑省みず、という態度はあの国のキャラクターですからねぇ。いずれにせよ、性善説で失敗ばかりしている国際機関はもう要らねー、と思ってしまうのは世間知らず過ぎるのかしら?

ライブハウス

200121.jpg

TAMA 特注RockStar 18"×16"Kick
TAMA RockStar 14"×14"Floor-Tom
TAMA RockStar 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
K.Zildjian 16"Dark Crash
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat
Afro Cow-bell

 自分のドラムセットです。毎度のRockStar 。基本的にアコースティックのピアノトリオでアグレッシブながらもジャジーなフィールが出るように。Istanbul Agop のMedium Ride は今流行の音とは全然違うのですが、ホント中庸な感じの使い易いRide だなと思います。重宝します。このライブハウスはリフォームして、全く違う音場になり、凄く音が良くなったと思います。ドラムも凄くファットな音で響くので凄くプレイし易いですね。

 さて、叔母の件。先日亡くなった叔母の葬儀で、伯母の友人と面会。中々興味深い話が聞けた。親戚筋からは周りに迷惑をかけた我が侭娘と見えていたのだが、ひと回り以上も下の年代を含む友人達には義理に厚い姉御肌の人物として慕われていたようなのである。やはり人間というのは一面で判断出来るものではないなぁ、と改めて考えた次第。愚かなプライドで死んだのは厳然とした事実だとしても、やはり残念に思ってくれる人が居るのは、甥として若干救われた感じがした。死ぬ間際に言っていた「やりたい事がある」は何も無いと思っていたが、どうやら何か在ったのかもしれないと思うと、ちょっと可哀想だったなぁと思えるようになってきた。大いなる教訓を残してくれた事には感謝。

Appendix

月別アーカイブ