Latest Entries

バー

170517_2.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 18"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 13"×11"Floor-Tom
TAMA Starclassic PerformerB/B 8"×8"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。青スイカ君コンパクトバージョン。先日と全く同じセッティングですね。面白い事にこの部屋だとTomが全然鳴らなくて、チューニングを若干上げることで解決。裏ヘッドまでいじるぐらいでしたら、結構な差でしたね。部屋の音、と言うものは興味深いです。チューニングを上げたら、ちょっと雰囲気が音楽には合わない方向になってしまったのですが、これがまた実に軽快なアレっぽい音に!

 さて、来る5月23日(火曜日)MUMUのライブが入谷なってるハウスであります。開演は20時予定です。今回はフロントをKeyboardの矢吹卓君が務めてくれます。一昨年のレギュラーTromboneの中根信博の病欠以来、様々なミュージシャンが代役を務めてくれていますが、矢吹君はその中にあって最もワイルドな解釈で音楽に臨んでくれているプレイヤーです。最近の楽曲がワイルドにやり倒される様をとくと御覧下さい。是非是非御越し下さい。

練習スタジオ

170517_1.jpg

YAMAHA Recording Custom 22"×16"Kick
YAMAHA Recording Custom 16"×16"Floor-Tom
YAMAHA Recording Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop Traditional 20"Medium Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。毎度。部屋のアンビエンスが余りにウルサいので、Tomは軍手でミュート、Snareもミュート、シンバルは見えませんが裏からガムテープを貼ってミュートして、Kickにはシンバルのケースを前から立てかけて押さえ込んでミュートしています。このぐらいミュートすると、取り敢えずある程度整理出来ますかね。出入りの為に壁と平行にセッティングしているのも問題があるかもしれませんが、まぁ、良く響くこと。カーテン付けてくれないかなぁ…。

 さて、北朝鮮の件。トランプ、何やってんだか。タイミング的にはこれを逃すと、事実上、北朝鮮、中国側の恫喝には唯々諾々と応じ続けねばならなくなる情勢になるのかもしれないのに…。痛い目を見るのは確実だが、果たしてこの禍根を次世代に残して良いのか?という疑問が大いにあります。戦争が嫌なのは猿でも判るが、将来の孫子にもっと痛い目を見せたいのか?と、懐柔主義的な人々には質問してみたい。将来、世界規模で人口が増えた時に彼らがどういう振る舞いをするかは、彼らの現在を見てみれば容易に想像がつくだろうに。

練習スタジオ

170516.jpg

Pearl Masters Custom 22"×18"Kick
Pearl Masters Custom 16"×16"Floor-Tom
Pearl Masters Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。毎度。相変わらず狭い部屋にデカいドラム。22"ぐらいになるとかなりの大口径に感じる今日この頃です。そう言えば、昔は18"のKickの跳ね返りがキツくて、18"は踏みにくいと思っていたものですが、今となっては22"は重くて重くて…。これを軽いと思っていた過去が信じられない…。ちなみにこのシンバルの組み合わせ、メーカーはバラバラですが、音色のバランスが絶妙。ダークな所もブライトな所も網羅したかなりの汎用性。

 さて、外食の件。こういう商売柄、仕事の後で食事をしようと思うと、適当な外食をする場所を確保するのに苦労します。夜中に開いているファミレスがここ数年で激減。贔屓にしていた近くマクドナルドは24時間営業から撤退し、夜中の0時には閉店してしまうので、結局、夜中まで開いているラーメン屋か牛丼屋、という選択肢しか残っていなかったりします。まぁ、ホームレスの仮眠所みたいな状況になってしまうのもいささか気がかりではありましたが、開いていないとそれそれで不便ですな。若い頃冷房の無い所に住んでいたので、避暑の為にファミレスで10時間以上過ごしつつ曲のスケッチを書いていた時代を懐かしく思い出します。あの頃の夜中のファミレスは今程寒々しく感じなかったのは何故かしら?

練習スタジオ

170515.jpg

YAMAHA Recording Custom 22"×16"Kick
YAMAHA Recording Custom 16"×16"Floor-Tom
YAMAHA Recording Custom 12"×10"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop Traditional 20"Medium Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 練習スタジオのドラムセットです。毎度。ここ1ヶ月程、ペダルはずーっとIron Cobra の廉価版の軽いモノを使っていたのですが、久し振りにストラップのIron Cobra に戻してみたら、重くてビックリ。大分ペダルの扱いのポイントが違う事を改めて認識しました。軽いチェーンのペダルだと殆どの場合プレスして踏んでいるのですが、ストラップの方は殆どオープンで踏んでいます。個人的にはオープンで踏む方がヘビーなフィールになって好きなのですが、細かい事はどうしても軽いモノの方が融通が利きますね。Kickの口径、やる音楽との相性を悩む所です。

 さて、姿勢の件。ライブの現場等で気持ち悪く思う方も居るかもしれませんが、昨年辺りから可能な限り、フォームチェックの為にビデオを撮るようにしています。お陰で音からだけでは判断出来なかった事がチェック出来るようになりました。まぁ、個人的な感想は、格好悪!ですが。あと、何年ドラム叩いてんだよ?とは思いますが、自分の想定よりスティックが上がっていたり、上がりきれていなかったりという、感覚の差が非常に興味深いです。一番違ったのは「前後」の感覚でしょうかね。スティックを上下ではなく、前後させる感覚の方が普通のモーションに見えたりするのは非常に不思議です。まぁ、アングラライブでは基本的に自分の好きなレンジで演奏出来るとは限らないので、わざと効率を悪くして、結構思い切りやっても音量が出ない、みたいな姑息な事もしますからね。見えていない所で変な癖も付きがちなのですよね。

バー

170513.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 18"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 13"×11"Floor-Tom
TAMA Starclassic PerformerB/B 8"×8"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
Sabian AA 16"Medium Thin Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。青スイカ君コンパクトバージョン。思うところあって、しばらくIstanbul のRide とSabian のCrash を多用する事に。今日は非常に狭い場所なのもあって、シンバルもKickもSnareもミュートをかなりしました。これぐらいミュートしてもまだまだウルサいぐらいですかね。大分音場はクリアーになったと思うのですが。Istanbul のRide はやっぱりハンドハンマーならではの良い感じのダークさと、ちょっと厚めなこと故のアタック感が微妙に面白いです。

 さて、現実の件。先日、色々な偶然が重なって、最近やっているハードコアな演奏の自分の映像と、25年程前の二十代半ばの時の同じような傾向の演奏をやっている自分の映像を、ほぼほぼ同時に見て比べる機会がありました。まぁ、結論から言うと、劣化が酷いな、と。やはり二十代半ばの自分の演奏はキレッキレッとは言わないが、若さ故のスピード感満載で、実際のスティックのスピードが今現在より全然速い事は一目瞭然でした。年齢を考えると致し方ないのですが、結構ショック。ちょっと真面目に鍛えないと駄目だなぁ、と思った次第。

ライブハウス

170503.jpg

Gretsch Catalina Club Series 18"×14"Kick
Gretsch Catalina Club Series 14"×14"Floor-Tom
Gretsch Catalina Club Series 12"×8"Tom
Gretsch Catalina Club Series 14"×5"Snare
K.Zildjian 20"Custom
A.Zildjian 16"Medium Crash
A.Zildjian 14"Hi-Hat

 ライブハウスのドラムセットです。毎度。Gretsch の廉価版。まぁ、ボロボロなんですが、一つ一つのパーツは味わいのある子ですね。K.Zildjian のCustom はやはりもうちょっと音量のある現場でないと真価を発揮しないかな。流石80年代製。不思議なもので、左手のA.Zildjian の16"の方がRide としてジャジーな音になっているという…。このレンジだとなんか絶妙な濁り方のシンバルに育っていて…。

 さて、PCの件。自分のメインマシンは5世代ほど前のOSを積んで動いています。使っている波形編集ソフトPeakが、製造元の倒産によりアップデートしなくなった為なのですが、いよいよもって、危険信号が出始めました。YouTubeは職業柄よくチェックするのですが、どうも挙動が怪しくなってきました。ページがフリーズする現象が起こり始めましたのです。フラッシュとの兼ね合いなのでしょうか。以前から、もうこのバージョンのブラウザはサポートされてませんよ、と言う警告は出ていたのですが、ここに来て実際の不具合につながり始めたようです。マシン自体はまだまだ使えるのですがねぇ…。

ライブハウス

170428.jpg

TAMA Starclassic Maple 22"×20"Kick
TAMA Starclassic Maple 16"×14"Floor-Tom
TAMA Starclassic Maple 10"×7"Tom
TAMA 14"×5.5"Steel Snare
K.Zildjian 20"Ride
K.Zildjian 18"Dark Crash Thin
K.Zildjian 16"Dark Crash Thin
Zildjian A Custom 14"Mastersound Hi-Hat

 ライブハウスのドラムセットです。現場に行ってみたら、かなり新しい、良い状態のStarclassic があったので、思い切ってそちらを使ってみました。10"、16"というTomの組み合わせはちょっと音程の解離が大き過ぎたかな?Kickにはこれでもか、というぐらいミュートがしてあったのですが、アンビエンスの状態と相まって良い感じのタイトな音にまとまっていました。音量を余り出したくないシチュエーションでしたが、22"のこのミュートの量(中身半分ぐらい毛布で埋まっています)でちょうど良い感じでしたね。シンバルもこのライブハウスのものですが、最近のロットのモノであるK.Zildjian の16"のCrash にちょっと惚れ込んでしまいました。いやいや、なかなか素晴らしいセットはなかったかしら。それにしてもKick、長い!!

 さて、来る5月13日(土曜日)経堂のRock Bar KINGというところで、芳野藤丸さんのセッションに参加します。最近中々ポップスをやる機会が減って来ているような気がしていますので、正統派ポップから様々なギターミュージックをやる芳野藤丸さんとのセッションは貴重な機会になっていますね。狭い所で、濃密なセッションという例のパターンですので、色々と面白いものが聴けると思います。是非是非御越し下さい。

ライブハウス

170426.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 20"×16"Kick
TAMA Starclassic PerformerB/B 14"×14"Floor-Tom
TAMA Starclassic PerformerB/B 10"×9"Tom
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
Istanbul Agop 20"Traditional Medium Ride
A.Zildjian 18"Medium Ride +A.Zildjian 16"Medium Thin Crash
Zildjian A Custom 16"Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。青スイカ君標準キット。Crash だけポコッと高くなるセッティングは元々譜面台を正面に少しでも寄せる為の苦肉の策だったのですが、グリップによっては結構叩き易い位置でもあります。Kickの正面をセットの正面と見るか、左右のペダルの中間を正面と見るかによって、大分このセッティングの印象が違うのも事実でしょう。僕的にはやはり後者の感覚で叩いていて、やっぱり圧倒的に自分の右側に楽器が多いよなぁ、と思ってしまいます。

 さて、Twitterの件。Twitterを初めて1ヶ月程で、フォローして下さる方が約50名程。宣伝告知の一方的な発信の為こちらからフォローしないという宣言のもと、心苦しいところもありますが、そのように振る舞っています。なにせ、SNS、自分の物言いだと双方向に交流した途端、炎上は必至でしょう。自分は論客で喰っている訳でもないので、言いたい事は山程あるものの、論争をしたい訳でもないし、そんな時間も勿体無いという発想で、ここのブログもコメントは一切受け付けず、発信オンリーになっております。文句のある方は是非是非、ライブの現場まで足を運んで頂いた上で、僕に声をかけてみて下さい。状況によってはお相手出来ると思います。Twitterの方はミニマルに告知致しますので、失礼ながら拡散して頂ければ僕は嬉しいです。

ライブハウス

170421.jpg

TAMA SuperStar EFX 22"×18"Kick
TAMA SuperStar Hiper-Drive 16"×14"Floor-Tom
TAMA SuperStar Hiper-Drive 13"×7.5"Tom
TAMA 14"×6.5"Lars Ulrich Signature Model Steel Snare
A.Zildjian 20"Earth Ride
A.Zildjian 20"Medium Crash Brilliant
A.Zildjian 16"Medium Thin Crash Brilliant
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。ハードコア用と化しているSuperStar 。久し振りにドロドロな現場で大変でしたが、この子はそれなりに頑張ってくれましたね。最近軽いペダルばかりを使っていたので、久し振りに重めのチューニングのIron Cobra を使ったら思いのほか大変で、もうちょっと鍛えとかなきゃなぁ、と反省しきりです。スティックの使い分けと同様、ペダルの使い分けも上手くやらんとなぁ、と思いました。

 さて、来る4月26日(水曜日)荻窪ルースターノースサイドMUMUのLiveがあります。対バンに忍田耕一(Trombone)率いるポケットブラスバンドBlack Elephantsを迎えて「春のトロンボーン祭り!」と題して、ブーブー吹く男達をフィーチャーして楽しいステージにしたいと考えております。今回のMUMUのフロントはベテラン松本治(Trombone)さんがやってくれる事になりました。松本治さんは日本音楽界が誇るブラスアレンジの巨匠、トップスタジオミュージシャンとして君臨するベテランで、ベテランならでわの手管を魅せてくれると思います。対するBlack Elephants側にはセカンドTromboneとして、MUMUのレギュラーの中根信博がステージに載るという異常事態ありますが、忍田と共に、旧知のコンビネーションを聴かせてくれると思います。お祭りですので、是非是非御越し下さい。

ライブハウス

170420_2.jpg

TAMA Starclassic PerformerB/B 20"×16"Kick
12"×5.5"小宮スペシャルSnare
K.Zildjian 20"Heavy Ride
Zildjian A Custom 16"Projection Crash
K.Zildjian 14"Hi-Hat

 自分のドラムセットです。久し振りの裸セット。昔はちょっと戸惑った事もありますが、案外色々な事が出来ますね。KickとSnareのバランスも良かったようで、外音は良い具合にエッジが効いた音になっていたようです。やっぱりこの子はノーミュートだな。Snareのリムが明らかに曲がった状態なのですが、良い音なので換えられないというジレンマが。点数が少ない分、一個一個の楽器の音のキャラが際立つ感じは裸セットの良さの一つですね。

 さて、Macの件。ここ数年は安定した状態で使っている僕のメインマシンのMacは2012年モデルなので、もう5年も経っている訳ですが、まだまだ現役です。ちなみに使っているソフトウェアの所為でOSが5世代前のものを使用せざるを得なくて、今使っているiPhoneとも同期しなくなったし、諸々不具合が出てき始めています。ゴミ箱Mac Proも魅力的だったのですが、ハードディスクを一杯使う自分には、同様な環境を維持するだけで目玉が飛び出る程の投資になってしまうので、当分は今のマシンで行くつもりです。ただ、来年、新しい設計のMac Proが出るそうで、それも非常に気になりますね。ゴミ箱とは違う設計思想になるそうなので、それもちょっとは期待しているのですが、値段がねぇ…。

Appendix